MENU
バチェロレッテ特集! ここをクリック!

眞子さんNY就職先は日本人歴史博物館?メトロポリタン美術館は無給!

22年4月6日、小室眞子さんがメトロポリタン美術館で活動開始と報道されましたが、7日の報道では、メトロポリタン美術館の常駐スタッフにマココムロはいません!と不機嫌な返事が返ってきたそうです。

眞子さんがメトロポリタン美術館(MET)が運営するウェブサイトに解説文を書いたということですが、無給のアシスタントキュレーターという立場でインターンをしているそうです。

以前、NYのギャラリーへ就職すると米紙ニューヨーク・ポストの芸能サイト「ページ・シックス」(ゴシップ記事)で特集され、就職先はどこ?と話題になりました。

その際に噂されたのは、NY日本歴史博物(ニューヨーク日本歴史デジタル・ミュージアム)でしたが、後日女性自身がNY就職先にメトロポリタン美術館が急浮上という記事をだしました。

世界的な美術館で学芸員なら憧れの職場である大手美術館に、専門家でもない眞子さんが簡単に就職できるはずないですよね。

眞子さんの就職先は危機管理の観点から、民間企業でない連邦政府や州の関連施設(公務員)がよいそうですがメトロポリタン美術館は政府の施設ではないので、可能性は低そうです。

この記事では、眞子様のニューヨークでの就職先ではないかと報道されているニューヨークのギャラリーについて、眞子様の現在の就職先がメトロポリタン美術館ではないという理由、共働きの可能性について紹介します。

スポンサーリンク
目次

眞子様の就職先はMETでない!ニューヨーク日本人歴史博物館が有力?

引用:公式HP

9月29日に、米紙ニューヨーク・ポストの芸能サイト「ページ・シックス」が眞子様と小室圭氏の特集し、ニューヨークのギャラリー関係者がすでに新たな仕事を紹介する準備を進めていると報道されました。

前例としてアンドルー英王子の次女・ユージェニー王女が2013年、NYで2年間生活した際にはオンラインオークションハウス「パドル8」に勤務し、ロンドン帰国後は現代美術ギャラリー「ハウザー&ワース」に就職したそうで、ロイヤルファミリーとギャラリー界のつながりがあると報道されています。

眞子さまのNYでの就職先のギャラリーについて、噂では、NYの日本人歴史博物館というデジタル博物館ではないかといわれています。

デジタル博物館なら眞子様が表に出ることも少なく、パパラッチにキャッチられることも少なそうで安心ですよね。
ユージェニー王女もオンラインオークションハウスに勤務されていました。

ニューヨーク日本人歴史博物館は、2020年にニューヨーク日系人会などの代表者により結成されたニューヨーク近郊の日系人の歴史を調査する「ニューヨーク日本歴史評議会」という研究会が作ったウェブサイトです。
昔からある美術館でなく、公開されたのは2021年5月19日!!!!

1860年代から移民してきた日系人の写真などのデジタル資料などが多くまとめられています。

しかも今後実在する博物館として設立される予定もあるそうで、眞子様の渡米とタイミングがばっちりです。

まさか、眞子様の就職先として作られたということでしょうか!?!?

Advertisements

眞子さんの就職先は民間でなく政府が関連した施設

11月22日のデイリー新潮によると、眞子さんの就職先は日本政府が斡旋するようです。
眞子さんの希望する職種を宮内庁が確認し、外務省を通じ、現地の大使館や領事館と就職先を検討したそうです!
宮内庁や外務省は、眞子さんがトラブルに巻き込まれる可能性をできるだけ減らしたいということを前提眞子さんの職場を検討しているそうで、民間企業でなく、連邦政府や州の関連施設が望ましいと報道されました。

ニューヨーク日本人歴史博物館を運営している、日本歴史評議会のメンバーには、日本の外交官で、内閣総理大臣秘書官、外務省経済局長等を経てニューヨーク日本総領事になった山野内勘二さんも名を連ねています!!!
日本政府関連施設ということで、間違いないですね。
眞子さんの就職先としてのセキュリティー、危機管理は万全ではないでしょうか?

ニューヨーク日本歴史評議会とは

引用:公式HP

2020年12月12日、各界からの代表者15名により、ニューヨーク日本歴史評議会が設立されました。
ニューヨーク及びその周辺地域における日本関連の歴史を収集、保存、公開及び発信するとともに、将来の世代に語り継いでいくのが目的だそうです。

会長は本間 俊一 さん(コロンビア大学教授)副会長は秋吉 敏子さん(作曲家・ピアニスト)、髙岡 英則 さん(北米三菱商事会社社長)、スーザン 大沼 さん(ニューヨーク日系人会会長)など、名だたるメンバーが名を連ねています。

アメリカのNYで、 デジタル日本人歴史博物館が開設されたのは 何の為ですか?

ベストアンサー10502331301050233130さん2021/9/22 1:58

他の方が説明されている様に、開設される意義は理解できます。LAにも全米日系人博物館がありますしね。ただ設立されてから開設されるまでの期間の短さや時期等から、A宮家のM子内親王が「結婚後NYに移住された後の勤務先」という位置付けが大きいとも言われています。この博物館の設立発起人の一人に「Mayer & Brown LLP のPartnerの村瀬悟弁護士」の名が連なっています。この弁護士事務所にKK息子が就職するのではという情報も流れています。周到な準備をしたのが、宮家関係なのか外務省筋なのかはわかりません。万が一これが現実となったら、米国で努力をして就職活動をしたり、ビザ取得に何年も努力している一般の国民は、気持ちのぶつけ所がないでしょうね。

引用:Yahoo知恵袋
Advertisements

眞子さんがNYメトロポリタン美術館(MET)で活動開始とは?

引用:NEWSポストセブン

22年4月6日のNEWSポストセブンは、眞子さんがNYメトロポリタン美術館で活動開始と報道しました。

22年2月3日から「Mako Komuro」のクレジットで、沖縄出身の彫刻家・画家の山田真山の『「發心 出家」一遍聖絵の場面より』に描かれた絵について作品解説をしています。

メトロポリタン美術館(通称MET)が運営するウェブサイトに解説文書を寄稿していたと報道しました。

寄稿という言葉からも、小室眞子さんがメトロポリタン美術館に勤務していないということが分かりますね!

寄稿とは、広報として、新聞やメディアやWeb媒体に記事を掲載してもらうことです。

13日には「ジャパンタイムズ」が小室眞子さんは、インターン(アシスタントキュレーター)として、無給でメトロポリタン美術館で働いていると報道されました。

MET日本美術キュレーターのジョン・T・カーペンター氏が眞子さんの解説文を訳しているのですが、つまり、メトロポリタン美術館で働いている知人のお手伝いという感じですね。

ジョン・T・カーペンター氏は、メトロポリタン美術館のキュレーターとして、日本美術の収蔵品の管理や新しい作品の収集、また展示会を手掛けています。

メトロポリタン美術館の職員として勤務することは難しいですが、顔なじみのジョン・T・カーペンターさんに頼んで文を寄稿するのは小室眞子さんにとってはカンタンなはずです。

ジョン・T・カーペンターさんは、2009年から2011年までは、東京大学大学院の客員教授を務めていて、眞子さんも、東京大学の学術標本が行われているインターメディアテクに勤務していたので、東大と繋がりがあります。

Advertisements

メトロポリタン美術館と小室眞子さんの関係(コネ)について、

  • ジョン・T・カーペンター氏は眞子さんが名誉総裁を務めた2017年「国際陶磁器フェスティバル美濃」審査員
  • 1994年の上皇ご夫妻の米国訪問時、このMETで歓迎委員会の晩餐会が開催された(かなり古くから繋がっている)
  • METへの勤務歴があり元駐日米国大使キャロライン・ケネディ氏が住む高級マンションに眞子さんが訪ねていた

と紹介されました。

翌日の4月7日の女性セブンで詳しく報道された内容を見ると、直接メトロポリタン美術館に取材しようとしたら、断られたそうです。

理由は、メトロポリタン美術館の常駐スタッフに小室眞子さんはいない!ということです!

METに取材を申し込むと、日本のメディアだとわかった途端に態度が硬化。「われわれの常駐スタッフに、マコ・コムロなる人物はいません」という回答だった。

引用:女性セブン
Advertisements

眞子さんのNY就職先はメトロポリタン美術館はデマ?

眞子さんの就職先はメトロポリタン美術館の噂はどこから?

引用:女性自身

10月19日、女性自身が、眞子様のニューヨークでの就職先は、メトロポリタン美術館(通称MET)ではないかと報道しました。
メトロポリタン美術館といえば、超セレブが大集合するファッションの祭典METガラで有名で、誰もが知る美術館ですよね!
そんな全ての学芸員が憧れる職場に特別に採用されてしまうなんて、さすが眞子様ですね。
現時点では、確定ではありませんが、噂が出たのはなぜでしょうか?
出所は、ニューヨークの邦字新聞で働く日系人記者の情報のようです。

「実はMETの関係者からも“眞子さまのご就職が内定しているのでは”という話を聞いています。学芸員としてMETの日本ギャラリーを担当されるそうです。ちなみに学芸員の年収は約1千500万円ほどです」

引 用:女性自身

学芸員の年収、1千500万円!!すごすぎますね!!!
国民が、小室圭さんの就職基盤が整っていないうちに眞子様が結婚することに心配の声があるため、急にこのような情報が浮上したのでしょうか?
小室圭さんの弁護士事務所の初年度の年収は2000万円ほどといわれていますが、どうやらそれも疑惑がありますからね…。
▼詳しくはこちら▼

ちなみに、眞子様がメトロポリタン美術館に就職が内定しているとか、勤務が決まっているという情報はまだありません。

本誌が眞子さまが就職するという情報を問い合わせたところ、METの担当者からは、「現時点では(眞子内親王が)当美術館のスタッフだという記録はありません」という回答があったものの、将来に関する言及はなかった。

引用: 女性自身

現時点で眞子様がスタッフに内定しているわけでもないのに、 噂がでるというのは謎ですね。
国民を安心させて批判を避けるためなのでしょうか?

Advertisements

皇室とメトロポリタン美術館に縁があるから?

眞子様の就職先がメトロポリタン美術館ではないかといわれる根拠は、メトロポリタン美術館と皇室のコネのようです。
宮内庁関係者の話では、1994年にメトロポリタン美術館で晩餐会が開催されたことが”皇室とMETの縁”だといいます。
それによると

  • 1994年(平成6年)当時・天皇皇后両陛下がアメリカを訪問されたときに、METで歓迎晩餐会が開催された。
  • 当初は高級ホテルで開催される予定だったが、招待客に会費を求めていたことが問題になった。
  • METが費用を全額負担し、晩さん会を主催する意思を表明した。
  • METが日本の皇室を重要視していたという証拠である

しかし皇室とメトロポリタンのつながりは、その他に見つかりませんでした。
メトロポリタン美術館は、日本企業からの寄付や特別展開催に期待しているようです。

女性自身に情報を流した邦字新聞記者によると、眞子様が就職することにより、メトロポリタンは以下のようなことを期待していると推測されています。

  • 最近ではかなり減っている日系企業からMETへの寄付も再び増える
  • 眞子さまが学芸員に就任されることで、そうした皇室ゆかりの貴重な美術品を“特別展示”できる可能性も高まる

皇居にある博物館・三の丸尚蔵館には、皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品類に加えて、香淳皇后など皇族方のご寄贈品が9千800点もあるそうです。

引用:メトロポリタン美術館

最近では、メトロポリタン美術館の2階の北側にある「日本美術セクション」では、2019年3月5日から6月16日まで、「源氏物語」の特別展が行われていました。
確かに、眞子様就職で皇室に関する特別展が企画しやすくなるというメリットはありそうですね!!

噂は本当?METガラにメーガン妃が出席するという情報はガセだった。

引用:ELLEgirl

NYでは、小室圭さんと眞子様は、イギリス王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃と同じように、ゴシップ紙で報道されることが多いようですが、ゴシップ紙の情報は、信用できるのでしょうか?
メトロポリタン美術館で毎年5月に行われる、最大のビジネスショーMETガラ。
2020年中止になりましたが、実はメーガン妃の情報について、誤報が広まっていました

イギリスの『サン』紙が最初に「メーガン妃はUK版『ヴォーグ』誌のエドワード・エニンフル編集長と一緒にMETガラに出席する予定」と報道し、その後、イギリスの複数のタブロイド紙と、アメリカの芸能サイトの『ページ・シックス』などで「メーガン妃がMETガラに出席する」と報道され、多くの人がメーガン妃が登場することを期待していました。

しかし、イギリスの『ハロー!』誌は3月2日、別の消息筋から「今年のMETガラにメーガン妃が出席する予定はない」と伝え、ヘンリー王子夫妻自身も、正確な情報はウェブサイト「sussexroyal.com」を信頼して欲しいとコメント。
『サン』紙を提訴しています。

2021年にメーガン妃の登場が期待されていましたが、スケールダウンして2021年9月13日に行われたMETガラには参加していません。2022年5月2日行われる予定であるMETガラには参加するのでしょうか?

眞子様のメトロポリタン美術館の勤務についても、誤報であるかどうかはまだ分かりませんが、可能性は低そうです。

Advertisements

眞子様の勤務先インターメディアクは9月末で退職!

引用:B-PLUS

眞子様は、2016年から 東京・丸の内の博物館「インターメディアテク」で勤務されていました。
5年半務めていますが、小室圭さんとの結婚が10月に控えているため2021年9月末で退職されることが分かっています。

眞子様は2017年に祖父母の上皇ご夫妻が 「インターメディアテク」 の展示を鑑賞した際、研究員として案内しています。

引用:産経ニュース

インターメディアクの業務には、小・中学生への展示案内や、資料データ整理、展示品のメンテナンスや展示・イベントの準備などがあります。
眞子様は、 小・中学生への展示案内 はしていないかもしれませんが、様々な業務を行われていたと思われます。

眞子様はインターメディアテクに非正規で勤務

2016年3月の週間女性で、眞子様は「客員研究員」という無給の“非正規雇用”的な契約で勤務されていると報道されました。
理由は内親王、皇族としての公的な活動を優先させるためだそうです。

眞子様の公務と研究の両立は、伝統を受け継ぎながらも新しいことに挑戦する姿勢と好評だったようです。

眞子様は結婚で民間人になると公務ができなくなるので、継続的な責任ある立場に就いたりすることは控えてきたそうですが、内親王も本格的な公務を続けるという清子さんの役割を受け継いで、非正規での勤務を続けていたそうです。

研究員任期が切れても継続していた

2021年1月の「女性自身」の報道では、眞子様は2021年の3月で任期切れだったそうです。

眞子さまが特任研究員に就任されたのは’16年4月のこと。ご自身で公募に申し込み、選考を経て採用が決まった。任期は1年で、最長で5年まで延長が可能となっていた。つまり、4月には別の研究機関に再就職されるか“無職”ということになってしまうが――。

引用:女性自身

眞子さまの任期切れと次の職場についてインターメディアテクに 問い合わせると「博物館といたしましてはお答えいたしかねます」という返事だったそうです。

任期切れでも勤務継続できることから分かるように、眞子様は一般的な採用ではないのでしょうね。
今後も一般人になるとはいえ、やはり特別扱いになることが考えられますね。

眞子様がメトロポリタン美術館に就職?という報道に関しても、批判の声が出ています。

「米国の学芸員の給与の高さにアレコレ言ってるんじゃないんだよな… 眞子さんまが一般事項人とか同じく職員とかしてる正当に働いてる得てる給与に文句は無いっけど、ロイヤル忖度の週3?勤務程度しか経験いかなのかたが既にメトロポリタン美術館の就職内定してるてるとかしかたなら紛くれももない【優遇】じゃないの??(なんかみました)」

「そんなに簡単に就職できるとこなんですね。」

「日本人の仕事が発生するように日本からメトロポリタン美術館になにか業務を委託するんじゃないかな。そうすれば建前は整う。眞子さまの就職先メトロポリタン美術館かよ。日本ですら学芸員になるのは超至難なのに。皇室のお嬢様がポンと就職出来るんだ。いいね〜。」

引用:Twitter

職場と家の往復の生活

引用:女性自身

2019年の女性自身の報道では、眞子様は秋篠宮邸のある赤坂御用地とインターメディアテクの往復ばかりの生活をされていたようです。
ふだんから寄り道をすることはないようで、小室さんについて“忠告”をしてくれる人も周囲にはいないそうです。

毎日送迎で監視下のもと行動しなければならない生活、大変でしょうね。
小室圭さんと離れている3年間は辛かったのではないでしょうか。
毎日のようにスカイプでコミュニケーションをとっていたそうですが、オンラインでのつながりだけ。
一般女性でも遠距離で3年間彼氏と会えないなんて辛いですよね。
30歳の誕生日を控え、一日でも早く結婚して皇室を出たいという気持ちが強くなっている可能性もありますね。

Advertisements

眞子様の共働き説は本当?

引用:Pagesix

眞子様は共働きをしようと考えている?

NYは物価が高く、小室圭さんの収入だけで生活は厳しいようです。
眞子様の自身のキャリアを生かせる職場があれば共働きの可能性が高いですね。

「アメリカの中でも特に物価の高いNYで“3世帯”で暮らすのであれば、平均よりも高収入が見込める弁護士といっても、新人の小室さんの収入だけでは厳しいでしょう。  佳代さんが現地ですぐに就職できるとは思えませんし、結局は眞子さま頼みになると思います。眞子さまは大学時代に美術・文化財研究を専攻し、学芸員の資格を取得されている。卒業後は英国の『レスター大学大学院』で博物館学を学ばれ、現在は都心のミュージアムにお勤めです。  ご自身の学業や仕事の経験を生かし、NYの博物館に就職されると思います。NYで生き抜くため、小室さんとの“共働き”で家庭を支えていかれるお気持ちなのかもしれません」(秋篠宮家関係者)

週間女性プライム
引用:Twitter

NYでも報道されたように、眞子様がギャラリーに就職して共働きなる可能性が高そうですね。

Advertisements

小室圭さんの収入2000万は本当?

女性自身でも、「小室さんと共働きで世帯年収は3千500万円に」というタイトルがつけられました。
共働きなら、これでNYでの生活は大丈夫、と思わせようとしているようにも見えますよね。

小室圭さんの年収2000万円と報道されていますが、、実際はもっと低くなりそうです。

▼詳しくはこちら▼

ニューヨークは物価が高いので年収2000万円でも決して多くないそうですが、小室圭さんは眞子様を支える経済基盤を作れるのでしょうか?

小室圭夫妻関連の記事は他にもあるのでぜひご覧ください

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Advertisements
Advertisements
目次
閉じる