スポーツ

スケートボード解説者・瀬尻稜さんがヤバい!名解説!流行語大賞?

スケートボードの背景とタイトルスポーツ

東京2020オリンピック大会から新種目として追加されたスケートボードの解説が面白い!と話題になりました。

解説をするのは、NHKEテレ中継の解説者で現役プロスケートボード選手の瀬尻稜さん(24)。

実はプロのスケートボーダーとして世界でいち早く活躍されたすごい選手なのですが、すごさを感じさせない

若者言葉を使用した解説で、ルールが分からない視聴者も楽しめると好評です。

また、NHKの実況アナウンサー倉田アナとのやりとりも楽しいと、かけあいがボケと突っ込みのようで面白いです。

この記事では、名言やSNSでの世間の声をまとめました。

[quads id=1]

スケートボード解説者・ 瀬尻稜 さんがヤバイ

瀬尻稜さんは日本人で始めてスケートボードのワールドカップで優勝したことがある、すごい選手です。

この投稿をInstagramで見る

ryosejiri(@ryosejiri)がシェアした投稿

しかし、言葉遣いがとてもヤバイ!

NHKのアナウンサーは「ザ・正しい日本語」を使用しますが、 瀬尻稜さんは、若者言葉を普通使ったり、独特の言い回しをしたりしていて、ゆる~い解説をされています。

ちゃらいと感じるかたもいますが、とても面白い、と共感して楽しむ人が続出!

瀬尻さんは楽しくスケートボードをしたいので、オリンピック出場は違うな、と思ったそう。

スケートボードを楽しんでほしい、イメージを変えたいと思っていて、あえてオリンピック出場を目指さず解説の練習をしたそうです。

終了後のインタビューで、以下のように丁寧にコメントされています。

「五輪競技としてスケボーを知らなかった人にもコンテストの良さが伝わったと思いますし、根本にあるストリートカルチャーが伝わっていけばいいなと思います。」

狙いどおりですね!

ここでは、話題になった言葉をまとめてみました。

ヤバイ!若者言葉まとめ

まずは、 瀬尻稜さんの感嘆の言葉から!技が決まって思わず出てしまう言葉がこちら。

「そっすねー」

「いぇーい」

「超やべー」

「ヤッバw」

「やべええええええっ!!!」

「ハンパねぇー」

「(半端)ないっすよー!」

「ないないないない!!」(すごい技を決めた時の信じられない気持ち)

「カッケェっすよ」

「さすがっす」

「鬼早い」

「鬼アツイ」

「とんでもないっすねコイツ」

「めちゃめちゃ頑張ったッスよ」

「あらーいっちゃったっすねコレ」

(失敗後)「おっほー!すげー攻めてるっすねぇ」

「ハンパないけど…」

「カンペキっすね~」

「おほほー!」

「のってきたぁー」

「肌感でいうと」

引用:Twitter

西矢選手の金メダルに対しては「いや~もうよくやったっすよぉ」と感嘆の声!

若者言葉には、多くの方が共感できますよね!

失敗しても称賛する姿勢が好評でした!

言葉の雰囲気で得点付けした人もいらっしゃいますよ!

引用:Twitter

やばいだけでも、強弱があってすごいですね!

ストリートカルチャーネイティブでないとなかなか使いこなせないかもしれません。

ゴン攻めってどういう意味???瀬尻語録

そして 瀬尻稜さんの独自の言い回しがこちら、

(ボードに)「のれのれですね」

「ゴン攻めしてて」

(ボードが)「びったびたっすね~」

独自の言い回しは理解できますか?

ゴン攻めという言葉に「???」の人が多かったようです。

トライするのも怖いような障害物にガンガン攻めるという意味だそうです。

「ゴン攻め」のゴンは、漫画『HUNTER×HUNTER』の主人公「ゴン=フリークス」のゴンのようですよ。

[quads id=2]

アナウンサーとのやり取りが最高すぎる!

ここではNHKの実況アナウンサー倉田さんと、瀬尻さんの絶妙なやりとりをご紹介します。

初日の解説

瀬尻さん「ビッタビタっすね〜」

実況アナ「ビッタビタとは?」

瀬尻さん「うおー!や〜ベ〜」「ビッタビタはめてましたねぇ」

実況アナ「ビッタビタはめてましたか?」

瀬尻さん「ビッタビタでしたよもう。何のズレもなく。うわ〜」

実況アナ「寸分違わぬ繊細なトリック!!!!!!!

引用:Twitter

二人の掛け合いを聞いているだけでも楽しいです。

実況アナの絶妙な返しが面白いですよね!

翌日の解説

実況アナ「奇跡の技!」

解説者「ビッタビタにきましたね」

引用:Twitter

一度聴いた言葉は解説せず、すぐに共感している、NHKアナウンサーの姿勢もすばらしいですね!

瀬尻さん「昨日の練習も一人だけゴン攻めしてて〜」

実況アナ「ゴン攻めというのは?」

瀬尻さん「あ、攻めてたっスね(笑)」

引用:Twitter

その後、アナウンサーまで「そしてゴン攻めしてたという…」って、 瀬尻稜さんワードを早速使っていました!

瀬尻さん「スケボーは技がたくさんありますのでー」

実況アナ「どのくらいあるんでしょう?」

瀬尻さん「無限スねー

瀬尻さん「いやいやいやいや、ないないない」

実況アナ「どの辺りがないですか?」

瀬尻さん「ないっすよ、もう

思わず笑っちゃいますよね!

ほんとに、ギャップが面白すぎます。名コンビですね!

倉田アナもわかりやすく解説されているので、勉強量はんぱないんだろうなーと絶賛の声が上がっています。

[quads id=3]

瀬尻稜さんの名解説は好印象!流行語大賞になるかも?

瀬尻稜さんは、若者言葉を使いつつも、しっかりと解説していらっしゃいます。

スケートボードが分からない視聴者が多い中で、ゆるく分かりやすい解説がとても好評です。

「鬼分かりやすかったッス」

「丁寧なアナウンサーとのギャップも面白い。それでいて別に失礼な感じもないし、解説も分かりやすい」

「最初聞こえて来たとき、えっ!って驚きましたが、スケボーっていうスポーツっぽくて逆に良かった。言葉は若者言葉でしたが、それだけでもなく、ちゃんとしているところはちゃんとしてたので。」

「ていねいに解説されてるけど、技決まった時はついつい言っちゃうw それが共感

「その方がどんなにスゴイのかがこっちに伝わってくる」

「スケートボードの解説めちゃくちゃ緩くて好きwwwww実況のアナウンサーすげえ綺麗な言葉で実況してるけど解説1人でスゲェ〜wwwヤベェ〜wwwうめぇ〜wwwって楽しそうにしててマジで可愛い

引用:Twitter

まるで友達とみているかのようなゆるい解説に共感する人多数!

一緒に盛り上がっている解説だと楽しいし、競技がよく分からなくても、解説のテンションで分かりますよね。

解説も丁寧にされているので、若者言葉がちゃらいと感じてしまう年配の方にも好評のようです。

「そして解説者の若者言葉とアナウンサーとのやりとり、2人の言葉遣いのギャップなんかたまなく面白い

「スケートボード五輪、解説者の喋り方が最高です やべー 〜っすね ユルい感じのこういうのでいいんすよ

「スケートボードで解説者が口にする「ゴン攻め」とか「ビッタビタ」とかのワードを聞くと、ストリートカルチャーというか横ノリ系カルチャーというか、そういうものが先にあってのオリンピック競技なんだからなくならないで欲しいと思う。 伝統ある相撲だって方言による独特の言い回しがNHKで使われてる」

「NHKのスポーツ中継にはなかった若者言葉。新しい競技って事を鬼感じるッス

流行語大賞すぎる

引用:Twitter

確かに、新鮮で、新競技に相応しい解説のような気もします。

スケートボードやストリートカルチャーが伝わってきますね!

今年の流行語大賞にはいるでしょうか?

楽しみですね!

関連記事→スケートボード・堀米雄斗がイケメン!Tシャツかっこいい!ファッションや過去の画像も

まとめ

スケートボードの解説者 瀬尻稜さん はプロのスケートボーダーだけど言葉遣いがヤバい!

若者言葉での解説は、おおむね好評(Twitterの反応やニュースの報道)

ゴン攻めなど、独自の言い回しが流行りそうという声も!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました