MENU
バチェロレッテ特集! ここをクリック!

横浜流星が嫌いと言われる理由4選!流浪の月DV束縛彼氏の演技で加速!?

甘いマスクの持ち主でアイドル的存在のイケメン俳優横浜流星さん。

21年に役者をやって10年の節目を迎えましたが、ブレイクした作品は2019年の”ゆりゆり”役。

2019年1月『初めて恋をした日に読む話』で連ドラに初出演し、ピンク色の髪の高校生で深田恭子さんとの恋愛を演じて一気に人気になりましたが、過去に嫌いな俳優5位にランクインしたこともあり、さらに2022年5月13日公開の映画「流浪の月」の役の暴力束縛夫のせいで嫌いという声が増えてしまったようです。

2023年公開予定の映画「ヴィレッジ」でも“ダークサイドに堕ちた青年”役で新境地に挑むということで、役で嫌われてしまう可能性が大です。

それだけ演技力が魅力の俳優になったということですが、イケメンでかっこいいアイドル的な存在として横浜流星さんを拝めていたファンはダークな役柄の横浜流星さんを見るのはショックかもしれません。

この記事ではなぜ横浜流星さんが嫌いという声があるのかを調査しました!さらに、流浪の月の演技や本人の「嫌いにならないで」というかわいいお願いも紹介します。

彼女の噂についてはこちら→【最新】横浜流星の彼女が西野七瀬で同棲はデマ!結婚は33歳!好きなタイプや結婚観を調査!

スポンサーリンク
目次

理由①熱狂的なファンが嫌い

横浜流星のゆりゆりピンク髪のイケメン画像
引用:Twitter

2020年6月19日の「文春オンライン」が、読者アンケートを元に制作した「好きな俳優」「嫌いな俳優」ランキングを発表し、嫌いな俳優の5位に横浜流星さんがランクインしました。

理由は熱狂的なファンが嫌いだから本人も嫌いになったという声が多かったようです。

横浜流星さんのファンは流星群とよぶそうです。

  • アイドルオタクみたいで攻撃的
  • ファンがの価値観を横浜流星に押しつけ(こうあるべき)
  • 横浜流星に女性プロデューサーが熱烈なドラマオファーを送ったと報道されただけで炎上
  • 横浜流星が尊敬する俳優に山田孝之の名を挙げると、『流星くんに近づかないで!』と一方的にコメント

とアイドルのファンのような熱狂的なファンが多いようです。

アイドル俳優として人気になったので仕方ないかもしれません。

スポンサーリンク

理由②顔が好みじゃない!まつげは本人もコンプレックスだった

イケメン俳優として人気ですが、顔の好みは人それぞれで、横浜流星さんの顔がキモイ、苦手、嫌いという声もあるようです。

男らしい人が好きな方は苦手なのかもしれません。

横浜流星さんご自身は自分の顔、特に女の子のようにくるんと上向きにカールしたまつげにコンプレックスを持っていたようですが周りからイケメンとかかっこいいと褒められて好きになってきたとだんだん自分の容姿を受け入れるようになったようです。

横浜流星のまつ毛
引用:Twitter

ちなみに、まつげはパーマではなく自然に上向きになっているようです。

横浜流星さんは男っぽい顔立ちになりたかったようです。

横浜流星の唇、口の形が気になるイケメン画像
引用:『横浜流星 1st DVD R』( TOEI COMPANY,LTD.)

顔が嫌いという人は”顔は整っているけど”口元が苦手、黒め小さくて目が変、しゃべり方が苦手、ねっとりとした視線がいや、ひょろひょろ体型など、なんとなく生理的に好みではないことが分かりました。

2021年の酢顔イケメンランキング1位!(ランキングー調べ)

横浜流星のまつげが上向きで黒いスーツ姿のイケメン画像
引用:ランキングー(写真:Pasya/アフロ)

ランキングー調べによると、塩顔ならぬ酢顔というジャンルのイケメンランキングで横浜流星さんが1位になっていました。

酢顔とはスッキリとした目元、鋭い眼差しが魅力的で、ドラマや映画、パフォーマンス中などでも存在感たっぷりでミステリアスな色気があるそうです!

K‐POPアイドルから薄顔人気が高まっていて、最近は塩顔よりも淡白な究極のスッキリ顔である”酢顔(すがお)”が注目されているそうです!

眼差しがかっこいいということで、好きと嫌いは表裏一体なようですね。

こちらは横浜流星さんのダイナミックな「流動」と美しさが光る「静寂」、横浜の2つの魅力を堪能できるカレンダーです。

どのパーツを見ても美しい横浜さんはいろんなタイプの顔を持っているけど、シャープですっきりとした鼻筋や鋭い切れ長の目は酢顔の特徴と一致していますね。美しい顔立ちにクールな黒系ファッションが似合っていて、オールブラックスーツの天才的なかっこよさにキュン死!クールで鋭い眼差しも最&高…!

引用:ランキングー

ちなみに2位は綾野剛さんで、KPOPアイドルも多数ランクインしていました。

Advertisements

理由③毛が濃いのが苦手!ヒゲがすぐ伸びる!

横浜流星が流浪の月で無精ひげをはやしている画像
引用:マイナビニュース

横浜流星さんは色が白いのに青ヒゲで苦手という声があります。

横浜流星がダイバー役でヒゲをはやしている画像
引用:DCU

現在ヒゲを伸ばしていますが、美少年のような顔が好きな横浜流星さんのファンはワイルド系は苦手だと思うので、濃い毛に拒否反応をしてしまうようです。

横浜流星が腋毛が濃い画像
引用:Twitter

横浜流星さんは男らしいのが好きだということなので脇や腕の毛はそっていませんでした。

横浜流星の腕毛が恋画像
引用:bizspa

ヒゲは役柄により剃ったり伸ばしたりしているのかもしれませんが、剃っても青いときがあるようで、嫌いと言われていますが、これも生理的嗜好の問題で、毛が濃くてワイルドな横浜流星さんが好きという声もあります!!

理由④演技上手すぎて役で嫌いになった

横浜流星さんのファンは”7横浜流星はこうあるべき”という思いが強いと報道されていましたが、横浜流星さん自身は俳優として様々な役に挑戦していきたいようです。

演技が自然体でうまいので役嫌い=横浜流星嫌いにつながってしまったようです。

Advertisements

20年1月1日のインタビューでは 常にイメージを更新したいとストイックな性格を見せています。

「僕自身は、とにかく一つの型にはまりたくはないと思っていて、こんな役もあんな役もやるんだって。毎回、みんなをびっくりさせたいんです。2019年で言ったら、『はじこい』ではすごくピュアな高校生をやって、次の『あなたの番です』では天才の大学院生をやったように、常にイメージを更新し続ける存在でいたいし、この先も型にはまらない、いろいろな顔を見せることができる役者になれたらって思っています」

引用:MANTANWEB

21年放送のドラマ『着飾る恋には理由があって』でも自分と正反対の陽気な役柄を演じました。

ドラマ「DCU」では、水恐怖症の横浜流星さんがダイバーの資格まで取得しています。

王子様、ミステリアスな色気、などスター性をもつ横浜流星さんのイメージにぴったりの役を求めているファンから見たら、イメージを壊すような役柄はがっかりですよね。

2022年5月13日に公開されたの広瀬すずと松坂桃李W主演作『流浪の月』出演について横浜流星さんでも、自分の中にある殻を破りたいとコメントしています。

「自粛中に原作を手に取り出会い、考えさせられた作品を、李(相日)監督を初めとしたステキな方々と作ることができ、この上ない幸せを感じています。全力でぶつかって、僕の中にまだある殻を破ることができたら

しかも、演技が自然体なのでまるで本人がそのような人物であるかのように錯覚してしまい、嫌われる役=横浜流星嫌いになっているようです。

横浜流星の嘘食いの画像

2022年2月公開された映画『嘘喰い』の中田秀夫監督は横浜流星さんの演技を役と一体化していると評価しています。

彼が斑目貘という稀代のギャンブラーに『成り切る』というより、自然体でいる横浜クンと貘とがいつの間にかスーッと一体化していたように思う。彼の持つ魅力、ズバリ『スタア性』だと思った

引用:Twitter

自然体な演技で俳優として様々な役をこなしていく横浜流星さんはアイドル的存在から離れて言ってしまいそうですね。

今後も嫌いの声やファン離れが進む可能性もありそうですが、演技力を認められて嬉しいと感じているファンも多いようです。

https://twitter.com/nakamin10/status/1530867334197309440?s=20&t=IyPI_vXth2c089wl81rZ5w
Advertisements

流浪の月の演技で嫌いの声加速!?

暴力DV夫の役で怪演

横浜流星さんは「流浪の月」で狂気じみたバイオレンスな演技で観客を魅了しました。

家内更紗(広瀬すず)さんの現在の恋人でエリート会社員の中瀬亮を演じた横浜流星さん。

はじめはイメージ通りの爽やかなイケメンなのですが、途中から暴力束縛DV男に豹変します。

最後はストーカー化していきます。

無精ヒゲを生やしている見た目からもヤバイ男の雰囲気かもし出していてすごいですね。

推しの濡れ場を見てショック

流浪の月には濡れ場があるようです。

精神不安定の人は行かないほうがいいという声もあり、横浜流星さんがDVしている姿とクズ濡れ場をしている姿を見るのはショッキングな人もいるのではないでしょうか?

もちろん、演技が上手すぎるので俳優としての評価は上がっているようです。

日刊ゲンダイは流浪の月で横浜流星さんのファンが横浜流星さんの演技が認められて嬉しいという声を紹介していました。

SNSには〈やっと流星君の演技力が世間に評価されてうれしい〉〈今までの作品では見たことのない衝撃的なシーンに震えがきました。亮役すごく良かったです!〉〈繊細な目の動き、顔の表情など、テレビドラマでは、なかなか伝わりにくかったのかも〉といった声があふれている。

引用:日刊ゲンダイ

もちろんショックを受けているファンもいるとおもいますが、大部分は俳優としての成長やストイックに役柄をこなしていく横浜流星さんの仕事への姿勢をかっこいいと思うのではないかと思います。

『流浪の月』では流星さん演じる亮が怒号を放ち暴力を振るう度に、彼の従来のパブリックイメージがバリバリと剥がれていくのを肌で感じた。俳優としてネクストステージへと進んだその瞬間を目撃してしまった感じで、実際そうなってきている。キャスティングもパフォーマンスも大成功した好例。元々 確かな演技力があり、単にイケメンアイドル俳優(悪意ある書き方だけど敢えてこう表現する)では括れないことは過去作のパフォーマンスからも見てとれるけど、改めて凄く真摯でストイックな方なのだと思った。優しげな男も闇堕ちした男もちゃんと似合ってしまうのがすごい。

引用:Twitter

23年に公開のヴィレッジもやばそうな男の顔をしている横浜流星さん。

横浜流星さん演じる主人公・優は、過去のある事件によって周囲に蔑まれながら、“血縁”によって村にとどめ置かれ、“地縁”によって最も憎むべき相手の下で不法な労働に手を染めていきます。

同調圧力、格差社会、貧困。現代社会が抱える多くの問題の、きれいごとではない本質を投影し、そこに生きる人間たちのリアルに迫っていくストーリです。

どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!!

横浜流星の嫌いにならないでくださいコメントがかわいい

広瀬すずさんが「流星くんのことを嫌いになりかけたという話をいただきました」と視聴者からの感想を伝えると、横浜流星さんは「うれしいですね。でも僕ではないので嫌いにならないでください」と苦笑しました。

Advertisements

彼女の噂についてはこちら→【最新】横浜流星の彼女が西野七瀬で同棲はデマ!結婚は33歳!好きなタイプや結婚観を調査!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Advertisements
Advertisements
目次
閉じる